このブログは…
これはアニメ中心のサブカルチャーの感想ブログです。
その他音楽、小説、漫画、ドラマ、映画等々の
感想も書いたり書かなかったり。

モロネタバレを含んでます。

注意してください。
あと湘南ベルマーレを応援してます。
記事を楽しんでいただけたなら是幸いです。

--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年12月22日 (23:04)

犬夜叉完結編第9話「冥界の殺生丸」。

犬夜叉完結編第9話「冥界の殺生丸」を見た。


以下
感想。















びびったぁあああっw。

りんまで再び死ぬのかと超ビビッたわw。
もう何が起きてもおかしくないですからねw。
りんの存在が殺生丸の中でここまで大きいとは思わなかったな。
本当唯一無二だな。
「りんの命と引き換えに得るものなど何もない」
天生牙をこんなものと言ったし。
邪見の代弁も間違ってないんだろうな。
泣いてたし喜んでたろう。

殺生丸母が出てくるとはw。
犬夜叉の母は前に出てきた覚えがちょっとあるけど
殺生丸は異母兄弟なんだから
そりゃ母も別で出てくるわな。
失念してたわ。
でその母といえばこれまた殺生丸似というかw。
見た目からこの母ありてこの息子かと
言わざるを得ない美人さんなわけですが
性格もツンデレじゃなくて…えと、クーデレw?
いや、それも違うなぁw。
なんつーか可愛げがないんだけど
本当は相手想いっていうw。
妖怪に歳問うのも無粋だがどれほどの歳か気になるなw。
マジ別嬪ですw白髪ツインテなのも凄いw。
妖怪状態の時からだがw。
母の言葉は心にもないことばっかで真意が分からんw。
りんを助けてやったり本当は息子想いなんだけどw。
自分のことを棚に上げて殺生丸を可愛げがないと
ボヤいた時の母可愛かったなw。
最後に殺生丸に
「愛しき命を救おうとする心とそれを失う悲しみと恐れを知れ。
命の重さを知り慈悲を持って敵を葬れ。
それが天生牙を持つものに必要なものだ。」
って語った時はあぁ母だなって思いましたよ。

殺生丸も琥珀を助けた後でこれ以上は
助けてやらないというツンデレを発揮w。
冥界の闇に行くにしろ迷いがないのが殺生丸かっけぇなぁ。
冥界の主一撃だったり強いのも勿論カッコいんだけど。
天生牙は一度しか同じ命を救えない。
やはり命は果てなく重いか。
何回も救えるなんてもんはそりゃまぁ無いわな。
殺生丸の人間への優しさは父親似かw。
冥道斬月波は大分正円っぽくなってたな。
邪見は小妖怪の呼び名から変われなかったw。
しかし母でも分からないくらい殺生丸は表情分かりづらいのなw。
その点邪見は凄いw。

鋼牙は戦線離脱か。
まぁしょうがないな。
しかしかごめを抱くとことかカッコええなぁw。
犬夜叉はまぁ今は仕方ないね。
一番最後の一枚絵犬夜叉が後ろで
サブキャラポジだったのが気になるw。
弥勒が中央ポジw。

そうそう色々見て回ってると
成剣さんの殺生丸は人気あるんですねぇ。
主に女性にですがw。
確かにカッコいいんだけど
どうも成剣さんの面白すぎるとこ知ってから
笑ってまうんだがw。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://alpatia.blog92.fc2.com/tb.php/1059-c7ac3b1f
プロフィール

アエシュルト

Author:アエシュルト
自他共に認める
草食男子です。
ムシャムシャ食ってます。
20代。
あとオタク兼腐男子?
なんて最近思います。
詳しくはこちらの記事に

最近の記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
シンプルアーカイブ
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
RSSフィード

Appendix


アクセスカウンタ

ブログ内検索
カテゴリー

見てるアニメ

ついった。

J1順位表

さぽている

読んだ本。

アエシュルトの最近読んだ本

ナナドラ

ケモミミ萌ゆる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。