このブログは…
これはアニメ中心のサブカルチャーの感想ブログです。
その他音楽、小説、漫画、ドラマ、映画等々の
感想も書いたり書かなかったり。

モロネタバレを含んでます。

注意してください。
あと湘南ベルマーレを応援してます。
記事を楽しんでいただけたなら是幸いです。

--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年01月17日 (23:20)

07-GHOST第23話「Kapitel.23 心の闇のその先に」。

07-GHOST第23話「Kapitel.23 心の闇のその先に」を見た。


以下
感想。















今回は己の闇と向き合う話だから感想書きづらくて
どうしようかと思ってたら最後リアルアヤナミさん
来ちゃったぁぁああああっ!!
ここで一気に来るとは。
帝國軍ミカエルの瞳を探すの大義の下
派手に動いてきやがったな。
しかしテイトの出る場所をフラウの待つ本来の出口と
変えて自分とこに導くとか
この人マジすげーな。
単純に力だけ見るとチートだわ。
クロユリも入ってきてるし教会と全面抗争でもするつもりかよ。

自らの心の闇に潜む恐れに立ち向かうこと。
テイトの闇はミカゲを失ったことに対する
自分が許せないと思っていたこと。
全部背負って生きることって大変なことだと思うが
それが唯一出来ることといえば出来ることだな。
地味にすげー納得したのは
「アヤナミがミカゲを哀れむようなことを言う人間ではない」
って言われりゃそうだなw。
そんな心ある人間じゃないってヒドイw。
真実だがw。
ハクレンは子を子とも思うより自分のために
自分の名誉の為にを最も優先させる人間で
自分を愛してくれない父を許せるのかということ。
己の子供時代か。
「愛されたいなら愛せる人を探しに行こう。」
この台詞カッコイイなぁw。
ウィーダって良いとこの坊ちゃんだったんだな。
両親を亡くして遺産目当てで寄ってくる
親戚たちを自分にとって弟がどれほど大切か
教えてくれたと捉えられるのは凄いなこれ。

今回帝國軍服のテイトとか
鬼畜Sの速水さんボイスとか(これはまぁいつもだがw)
「ほら…ずっとこうして欲しかったんだろ…。」
ポイントは沢山あったなw。
スポンサーサイト
カテゴリ : 07-GHOST記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://alpatia.blog92.fc2.com/tb.php/1119-5e89aa87
プロフィール

アエシュルト

Author:アエシュルト
自他共に認める
草食男子です。
ムシャムシャ食ってます。
20代。
あとオタク兼腐男子?
なんて最近思います。
詳しくはこちらの記事に

最近の記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
シンプルアーカイブ
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
RSSフィード

Appendix


アクセスカウンタ

ブログ内検索
カテゴリー

見てるアニメ

ついった。

J1順位表

さぽている

読んだ本。

アエシュルトの最近読んだ本

ナナドラ

ケモミミ萌ゆる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。