このブログは…
これはアニメ中心のサブカルチャーの感想ブログです。
その他音楽、小説、漫画、ドラマ、映画等々の
感想も書いたり書かなかったり。

モロネタバレを含んでます。

注意してください。
あと湘南ベルマーレを応援してます。
記事を楽しんでいただけたなら是幸いです。

--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年06月13日 (22:04)

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト第11話「第十一話 来訪者・燃ユル雪原」。

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト第11話「第十一話 来訪者・燃ユル雪原」を見た。


以下
感想。















クライマックスやな…!!

遂に戦争の流れが…。
リオ先輩を信じたいがここまで進んでるとなるとまた難しいな。
本当に早く…!と思わざるを得ない。

見えない死神の寒凪ノエルって昔の戦いで
殺戮兵器を作ったのがノエルなのか。
昔から天才児だったのな。
そして利用したのが軍…もとい今回来たホプキンス大佐か…。
今話のノエルを見ればいかなるトラウマか言うまでもないな…。
ノエルが罪滅ぼしの為にあまりに一生懸命なのが
見ていて辛い。

フィリシアさんは本当1121小隊長で良かった。
軍人としてはどうなのか分からないが人として凄いと思う。
おっぱい話も含めてw。
なんかリアルで怖かったわw。
マジで言っても驚かないわw。

カナタはまぁね、当然のように当然のごとく
アイーシャを守ってあげたいわな。
それでこそ、だ。
そしてアメイジング・グレイスすげーな。
本当音は世界を超えるね。

軍人としては一応一番らしいのはクレハだけど
まぁクレハも本当はカナタたちと同じだからな。
クレハって実は優秀というか優れた子だよな。

さてさて最終回どうなるか…!!




ジャコットさんはまぁ気になるよなぁ。
クレハがリオ先輩に似てきたw。
敵国兵。
小さいころのノエルの笑顔がなぁ。
ホプキンス大佐の目が怖い。
ノエルが復元した研究。
カナタのバカまっすぐなとこは本当すげぇな。
リオ先輩講和会議を早く…。
フィリシアさんの思慮深さは見習うべきものがあるよなぁ。
そしてそれゆえに難しい判断。
よりによってこんな辺境から進軍して来るんだから…。
作戦としては常套だろうけどな。
ローマ語が全く分からないからなぁ。
ノエルのパイ揉みw。
フィリシアさんのおっぱいトークw。
確かに本当に言葉が通じないのか試すのには丁度いいだろうけどw。
流石だw。
ノエルの気張りっぷりは理由を知らなきゃただ微笑ましいんだがな。
カナタのポジティブシンキングっぷりw。
雪国は大変だな。
アメイジンググレイス…名曲だ。
音は皆同じように響く。
ノエル可愛いなぁw。
戦争で知り合いを亡くしていればそりゃ敵には厳しいのは当然だ。
戦争はろくなもんじゃねぇな、本当。
ユミナさんはローマ語に堪能だったのね。
時告げ砦を知ってる理由、
アイーシャの祖母は時告げ砦出身の捕虜。
アイーシャの目的は天使の化石を見ること。
世界を滅ぼした黙示録の天使。
なにやら火の巫女関係の話はヘルベチアと
ローマで違うみたいだな。
3つの町を滅ぼした鬼神ホプキンス。
ノエルに研究させた人。
ここからはもう何も言えねぇ…。
国境に現れた敵軍。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://alpatia.blog92.fc2.com/tb.php/1369-2c3d0b31
プロフィール

アエシュルト

Author:アエシュルト
自他共に認める
草食男子です。
ムシャムシャ食ってます。
20代。
あとオタク兼腐男子?
なんて最近思います。
詳しくはこちらの記事に

最近の記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
シンプルアーカイブ
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
RSSフィード

Appendix


アクセスカウンタ

ブログ内検索
カテゴリー

見てるアニメ

ついった。

J1順位表

さぽている

読んだ本。

アエシュルトの最近読んだ本

ナナドラ

ケモミミ萌ゆる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。