このブログは…
これはアニメ中心のサブカルチャーの感想ブログです。
その他音楽、小説、漫画、ドラマ、映画等々の
感想も書いたり書かなかったり。

モロネタバレを含んでます。

注意してください。
あと湘南ベルマーレを応援してます。
記事を楽しんでいただけたなら是幸いです。

--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年02月06日 (22:17)

源氏物語千年紀Genji第4話「藤壷」。

源氏物語千年紀Genji第4話「藤壷」を見た。


以下
感想。










光源氏お前さぁ…。

互いが互いを思いながらも互いを自制していたのに。
結局光源氏が見栄も捨てて藤壷に会いに行ったわけですが。
いけない、いけないと思いつつ。
まぁ手紙を書いた時点で藤壺の自制も中々辛かったんだろうけど。
この二人の関係と想いはは非常に複雑だな。
いや、思いはシンプルか。
そして出て来ました若紫。
これぞ読んだことなくても皆知ってるであろう源氏物語の若紫ですな。
遠藤さん紫の上の役なんだね。
ナレーションオンリーの役かと思ってた。
しかしナレーションの声と若紫の声が一緒とは中々思えん。
遠藤さんすげーなぁ。






細かい感想。
夕顔の件から病を患ってたのか…。
よほどの想いだったんだな。
心身ともの病。
物の怪の類の仕業か…。
香…か。六条の御息所の思いの香ね。
藤壷との出会い再び?
すげぇ量のお見舞いだな。
高そうな代物ばっかだな。
藤壷からの蜂蜜と手紙。
互いに閉じた心…。
手紙を送るだけでそんなにも思いつめますか…。
寺での祈祷…快復してきたかな。
子供らしい子供だね。
スズメを手に止めるとは光源氏すげー。
ナレーションはこの女の子の将来だったのか。
藤壷にそっくりな女の子。
劇的な出会いだ。
全快したか。
侍女の方何でも知ってるんだね。
藤壺はいつもいつもお参りし続けてたのか…。
藤壷本当に優しい人だな。
侍女も本心でよかったと思ってるんだろうなぁ。
小さなお社は光源氏と藤壷の思い出の遊び場…。
惟光お前いいキャラだw。
藤壷…。
あっ…二人が会ってしまった…。
好きなのに閉じなければいけない心…
思い出の場所で再び閉じる心。
二人の恋は叶うことはないのか。
見栄か…本心を伝えることが出来なかった。
大嵐の日に藤壺を訪ねる光源氏…っ!
いけないと思いながら交わるか…。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://alpatia.blog92.fc2.com/tb.php/352-a6a9e9e6
プロフィール

アエシュルト

Author:アエシュルト
自他共に認める
草食男子です。
ムシャムシャ食ってます。
20代。
あとオタク兼腐男子?
なんて最近思います。
詳しくはこちらの記事に

最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
シンプルアーカイブ
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
RSSフィード

Appendix


アクセスカウンタ

ブログ内検索
カテゴリー

見てるアニメ

ついった。

J1順位表

さぽている

読んだ本。

アエシュルトの最近読んだ本

ナナドラ

ケモミミ萌ゆる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。