このブログは…
これはアニメ中心のサブカルチャーの感想ブログです。
その他音楽、小説、漫画、ドラマ、映画等々の
感想も書いたり書かなかったり。

モロネタバレを含んでます。

注意してください。
あと湘南ベルマーレを応援してます。
記事を楽しんでいただけたなら是幸いです。

--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年05月11日 (15:23)

多崎礼さん。

今日多崎礼さんの「煌夜祭」読み終わりました。
「本の姫は謳う」も読みました。
大分前にw。


以下
感想。





衝撃的。

しょっちゅう色んなもので衝撃的って書いてるので
言葉に重みが無いんですがwしかし衝撃的。
こいつぁすげぇぜよ。
「煌夜祭」も「本の姫は謳う」もそうなんですけど
最初から最後に向けて色んな事柄が一つに繋がるというか
収束していく過程が俺好き過ぎる。
読み進めるとどんどん盛り上がってくるんですよねぇ。
これ文書きの世界では構成力っていうんですか?
上手すぎですよ。

C・NOVELSは茅田さん読んでるのでまぁまぁチェックしてて、
多崎さんの作品は「本の姫は謳う」からタイトル・絵買いで
読み始めたんですけど、
「本の姫は謳う」4巻とは思えないほど
濃密っつか世界が深かったなぁ。
世界が最高ですよ。
あとやっぱり最後に向かっての盛り上がりと言いますか。
そこがええんすよねぇ。
ただ1巻から完結前に買ってたので途中間空いちゃって
前作の内容所々忘れたりでその点はちょっち失敗しましたw。
漫画は読み直しが簡単に出来るので良いんですけど、
小説は読み直し結構時間掛かるのでw。
やっぱり連作ものは一気に読みたいですねぇ。

で「煌夜祭」はこれまた凄いなぁ。
これはマジ衝撃的でした。
面白すぎた。
大賞っていうのも納得といいますか。
パッと見ただの短編の集まり的な感じなんですけど、
まぁ読み終わればなんということか。
感想としては「すげー」ですよ。
俺電車の中で泣いてましたわw。
王位継承戦争くらいからはかなり一気でした。
次回作はいつ出んのかしら?
待ってます。
待つのは岩本さんで慣れてるのでw。
スポンサーサイト
カテゴリ : 小説記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://alpatia.blog92.fc2.com/tb.php/496-26a3a53d
プロフィール

アエシュルト

Author:アエシュルト
自他共に認める
草食男子です。
ムシャムシャ食ってます。
20代。
あとオタク兼腐男子?
なんて最近思います。
詳しくはこちらの記事に

最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
シンプルアーカイブ
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
RSSフィード

Appendix


アクセスカウンタ

ブログ内検索
カテゴリー

見てるアニメ

ついった。

J1順位表

さぽている

読んだ本。

アエシュルトの最近読んだ本

ナナドラ

ケモミミ萌ゆる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。