このブログは…
これはアニメ中心のサブカルチャーの感想ブログです。
その他音楽、小説、漫画、ドラマ、映画等々の
感想も書いたり書かなかったり。

モロネタバレを含んでます。

注意してください。
あと湘南ベルマーレを応援してます。
記事を楽しんでいただけたなら是幸いです。

--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年06月24日 (20:45)

伯爵と妖精第3話「第3話 メロウの島」。

伯爵と妖精第3話「第3話 メロウの島」を見た。


以下
感想。













トゥートゥースウィィイイイト!

toooooo toooooooooo
sweeeeeeeeeeeeeeeet!!


甘ぁあああい!甘すぎるよ、エドガーさん!

やべぇw。
超パネェw。
これは緑川さんまじパなすぎるw。
口説き文句にするにも甘すぎる台詞に
緑川ボイスとか参考になんねぇw。
アインシュタインの考え方参考にするようなもんだw。
レベルが違いすぎるwっつかもう次元が違うw。
レイヴンとエドガーといいまだまだ分からない事が多くて
リディアと距離はちょっち遠いな。
近づくかどうか分からんが。
リディアの親父が良い親父さんだ。
リディアが良い子に育ってる理由が分かった気がするよ。





細かい感想。
レイヴンの顔の血…やってきたのか?
お、ブラウニー。
100年かぁ…長いねぇ。
マナン島に帰りたいってこの妖精の故郷はマナン島なのか。
メロウの解放って?
島の主人が帰ってこないからメロウが嘆いている。
これはニコナイスやり取りだ。
リディア船酔いかぁ。
もう島着いたのね。
城かぁ。
この人は伯爵家の執事の家系の人なのか。
ニセモノは皆3日以内に海の藻屑として
メロウに引き込まれるねぇ…。
このおじさんもメロウの血を引いてるのか。
水とレモン。妖精の通り道。
迷子の道案内ってことか。
エドガー普通にしてたらイケメンやなぁ。
エドガーの現実に妖精はいなくても
リディアの現実にはいる。
目がいい人は遠くが見えるっていう話と同じようなもの…
なるほど。エドガーすげぇなぁ惚れるw。
リディアもそういう人いなかったから思わずw。
リディア…騙されそうになるw。
今までフェアリードクターなんて
やってても信じてもらえてなかったですからね。
自分の理解者だったら…ってことですか。
エドガーの魔力にやられてますw。
エドガーやべぇw台詞の威力が半端ねぇw。
へぇ妖精って金髪が好きなんだw。
×鉄錆色○キャラメル色。
言葉って大事だなぁ。
食べてみたら甘いのかな…w。

甘ぁぁぁあああいっ!!wwwwww。

甘すぎるw。
エドガーやべぇw。
リディア頑張ってるw。
確かに実にいいタイミングだw。
リディアはいい子だよ。
偽りしかないエドガー。
あるのは本気の嘘とそうじゃない嘘だけ。
本気の嘘だけがエドガーの真実。
エドガーが未だリディアに隠してること。
最初の予定とは。
アーミンを失ってってアーミンって誰だ?
そしてあの男の手ってのは誰の手よ?
エドガーを生かした人たちのために自分が生きる。
アーミンってのは乳母さんか何かか?
リディアが聞いてたのか。
なんか…なぁ。
思わず「ぅうーん」って声が出るw。
リディアはえらくレイヴンに恐怖心を抱いてるな。
リディアは強い子だなぁ。
フェアリードクターは自由。
レイヴンは生まれながら血を求めた精霊の奴隷。
そしてその精霊の主になったのがエドガー。
エドガーの敵に襲い掛かるだけ。
自分の意思なく人を殺してきた過去。
サー・ジョンの100人殺しはレイヴンがやったこと…か。
それでもレイヴンを捨てなかったエドガー。
なるほどレイヴンのエドガーへの忠誠はここから来るのか。
レイヴンのなかの精霊を飼い馴らせるか。
うーん。
緑のジャックはこの島で
「うずくまる木の葉男」が示すのもここに違いない。
スパンキー、鬼火:子供の魂。
すげぇ綺麗な庭だ。
迷子になりそうだからw確かにw。
アーミンとは。
恋人じゃない…安心してw。
単なるエドガーの希望w。
エドガーまじパネェw。
でもこれ実際に使う奴いたら引くよね?
いや、意外と女の子ってここまで甘くても実際言われたいものなのか?
分からんw。
盗み聞きバレちゃった。
アーミンってレイヴンの姉だったのか!!
なるほど。特別な仲間ね。
妖精の羽根を隠してる…確かにそう見えるかもしれない。
エドガーが良い人だか悪い人だかって判断は難しいなぁ。
子供達の慰霊碑。
レイヴンの精霊は…エドガーに必要なのは現実に見える部分だけ。
見えないものはしょうがないってか。
怖いもの知らずですねぇ。
強い心ではあるが…。
ピクシーの作るフェアリーリング、踊った跡の輪。
本物のフェアリーリングなら妖精に捕まる事が有る。
ほうほう。
扉の騙し絵かぁ。
と、ここでハスクリーか。
僕の方が無難w。
レイヴン超ぱねぇ。
親父…!

…!!wwwwwwwwww。

お嬢さんを僕にください言いやがったw。
エドガーてめぇw。
強盗犯と思われてた男から突然こんなこといわれたらなぁw。
エドガーw恋した男すぎるw。
愛の熱で死んでしまうw。
お転婆w親父w。
彼女しか深い愛で僕を救ってくれる人はいないw。
親父も完全にそっち系の話にw。
感情に流され未婚女性を連れまわすなんて
確かに男として無責任だw。
ハスクリー邪魔だよ。
タイミング悪い。
親父のリディアへの愛が…。
エドガーナイス。
ハスクリーお前…さぁ。
銃声…おいっ!ここで終わるかw!
このEDってセーフなのかなw?
逃げたリディアには狼が…!
あ、黒妖犬って狼じゃないんだ。
なんつった?アンシーリーコート?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://alpatia.blog92.fc2.com/tb.php/591-02868364
プロフィール

アエシュルト

Author:アエシュルト
自他共に認める
草食男子です。
ムシャムシャ食ってます。
20代。
あとオタク兼腐男子?
なんて最近思います。
詳しくはこちらの記事に

最近の記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
シンプルアーカイブ
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
RSSフィード

Appendix


アクセスカウンタ

ブログ内検索
カテゴリー

見てるアニメ

ついった。

J1順位表

さぽている

読んだ本。

アエシュルトの最近読んだ本

ナナドラ

ケモミミ萌ゆる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。