このブログは…
これはアニメ中心のサブカルチャーの感想ブログです。
その他音楽、小説、漫画、ドラマ、映画等々の
感想も書いたり書かなかったり。

モロネタバレを含んでます。

注意してください。
あと湘南ベルマーレを応援してます。
記事を楽しんでいただけたなら是幸いです。

--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年11月20日 (14:53)

南井大介「ピクシー・ワークス」。

南井大介著バーニア600イラスト「ピクシー・ワークス」を読んだ。


以下
感想。













ピクシー…だとwww?

ピクシーって超肉食だったのかw。
いやいやいやw何がピクシー・ワークスだw。
ピクシーってのはなぁ。
もっと…もっと…可憐なものなんだぁあ!ぁぁ…。
と叫びたくなったのは俺だけかw。
実際ピクシーって妖精だしああいう類だと
肉食だったりエグかったりするけど個人的な
希望としてピクシーって可憐であって欲しいじゃんw?
この子等はモンスター・ワークスですよw。
実際技術的にもw。
まぁそんなこと言おうものなら
芹香あたりに「か弱いうら若き乙女ウンチャラカンチャラ…」
言われるだろうがモンスターのほうが近いんだから仕方ないw。
馬鹿騒ぎもまぁ飲み会とか文化祭コスプレとか海とか
その辺で留まってくれりゃ良いンだけどねw。
行きすぎだよなぁw。

可憐、儚いとは程遠いというか見えないほど遠い
とこに位置するとかく肉食系女の子達の話。
というか出てくる人は基本全て肉食系ですけどねw。
とくに女性はw。
草食系は…いたっけw?
4人娘から葵さんから角さんから雨宮総司令から彩夏さんから
とかく肉食どころじゃねぇよっていうw。
男共にはちょっと草食っぽいやついるけどw。
いやぁ女性は強しw。

俺のような何も無いことを良しとする超平和主義者からすると
信じられない人種だなこいつらw。
ついてけないwww。
単純な悪なら良いンだけどねw。
ヴァルティに対する態度見ても分かるように
良い奴らでは…あるw。
ただトんじゃってからねw。
一番厄介で面倒なんだこれw。
由衣は一応常識人なんだけど恋する乙女は無敵ってさw。
ちなみに登場人物についてけないと読むの大変ですw。
実際注意行動に移せるかどうかは別でエセでいいんだけど
以下のような正義感がある人は向いてないと思いますw。
・大して急いでなさそうなのに車の通りが少ないからって赤信号平気で渡る人。
・電車内で音漏れ激しすぎる人。
・人とすれ違う時譲ることをしない人。
etc…ルールやマナー、倫理等に神経質な人は読むと怒りで疲れるかもw。
なんせ爆弾作るわw、道交法を始め色んな法バッサリだわ、
オマケに法の隙云々を持ち出して問題ない言うわw、
ハッキングするわでとかく無茶苦茶ですw。
最初から最後まで法を犯しっぱなしですw。
清々しいほどにw。
テロ計画ですからねw。
パンピー出てきませんw。
己の好奇心を満たすためにそこまでしていいのかとw。
人様に迷惑掛けてはいけないと習わなかったのかと
小一時間お説教したくなりますw。
まぁ小説だから別にいいんですけどねーw。

でテロの内容はというと一応は成功しちゃうんだなこれがw。
当初描いたものとは違うし、
社会的混乱がどれくらい出たかは分からないけど。
大きな問題は予想外の901部隊だけというw。
世の中そんな甘くていいのか!
小説に思ってしまう俺はナンセンス。残念。
途中整備不良でも出るかと思ったんだがなぁ。
恐るべし天文部+αw。
何でこういう人間集まっちゃったかなぁw。
類は友を呼ぶんだなぁw。

らしくもなく真面目に書くと、
この作品人の心がリアル。
とある人のための善意はとある人にとって悪である。
俺の理想みたく人の心は皆美しい…ということはなく。
まぁ人間ですから色々思う人いるよねっていう。
実際あそこまでとは言わずとも千鶴みたいな人もいたりするわけで。
勿論芹香みたいな人も奈緒子みたいな人も。
人心がリアルで怖いぜよ。
科学の理系単語がズラっと出ますがそれは分かる人だけ分かればっていうw。
俺理系だけど分かんねぇしw。
分かんなくてもダイジョーブw。
あぁ凄いんだなって風に思っとけばw。
飛んでからは芹香とヴァルティがメインですけど
この辺の空戦(空戦っていうか戦ってるわけじゃないから逃避かな)
のドキドキ感は半端無いですよ。
この辺は一気に読んじゃいます。
彩夏さんマジ怖いっす。
途中のバカ騒ぎはまぁ可愛いもんですw。
それ以外にも恋する乙女の奮闘やらまぁあるんですけど
纏めると

面白いですw。

清々しいやりすぎw。
ここまで行くともうねいっそ清々しいw。
小説ならではのトびかたじゃないでしょうかw。
ただ千鶴とかの感情に納得がいくかどうかで好みが別れるかなぁと。
そんな作品じゃないでしょうか。
ちなみに俺はヴァルティが好きですw。
青のネコ型ロボットはまぁ日本国民なら当然のチョイスw。
ヴァルティ可愛いよヴァルティw。

知的好奇心に満ち溢れてる人は科学より自分が何かっていう
哲学的なほうに傾倒してくれると世の中平和でいいなぁと思いましたw。
特に千鶴w。
世の中「自分とは何か」ってテーマが一番面白いし難しいと思うんだけどなぁ。
自分のことすら分からず森羅万象全て分かることはないんじゃないかなぁ。



あーあ記事長ぇw。
スポンサーサイト
カテゴリ : 小説記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://alpatia.blog92.fc2.com/tb.php/951-7fcfc11b
プロフィール

アエシュルト

Author:アエシュルト
自他共に認める
草食男子です。
ムシャムシャ食ってます。
20代。
あとオタク兼腐男子?
なんて最近思います。
詳しくはこちらの記事に

最近の記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
シンプルアーカイブ
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
RSSフィード

Appendix


アクセスカウンタ

ブログ内検索
カテゴリー

見てるアニメ

ついった。

J1順位表

さぽている

読んだ本。

アエシュルトの最近読んだ本

ナナドラ

ケモミミ萌ゆる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。